★2016京都牝馬S(G3)予想★社台のオキテと関係者の思惑

管理人です。
社台グループ
フェブラリーステークスの前日に開催される京都牝馬ステークス。
今年から1400mに距離短縮となったことからデータ的にはアテにできない部分もあり
予想するにも難しいレースにはなりそうですが、しっかりと的中したいところ。

さて、この時期になると耳にすることも多くなるかもしれませんが
現在、日本競馬界を牛耳っている社台グループにはいくつものオキテがあり、
その中のひとつに「牝馬は6歳春で引退」というオキテがあります。

どんなに活躍していてもどんなに晩成の馬でも6歳の春3月位をめどに
繁殖にあげるために引退させなければならないのです。

となると2月も半ばを過ぎた今、社台グループ産の6歳牝馬は
走れてあと1回、ないし2回という状況におかれており、
ラストランでの勝利をと各陣営万全の状態でレースに臨むのです。

さて、この京都牝馬ステークスに出走してくる社台の6歳牝馬となると・・・

ウリウリ2
ウリウリ

レッドオーヴァル
レッドオーヴァル

リメインサイレント
リメインサイレント

この3頭ということになりますが、中でもウリウリは人気しそうなだけに
これは要注目といったところではないでしょうか。
とはいえ、社台の6歳牝馬を狙えなんて今や競馬を楽しんでいる人の常識にも
なりつつあり、馬券妙味も薄れてきてしまっている感は否めません。

そんな中で、元敏腕厩務員として競馬界に名を轟かせて
社台グループの礎となる名馬を数多く手がけて今や社台グループのご意見番
とも言われているこの男が、今回の京都牝馬ステークスに関して
関係者だからこそ知りえる、所謂「オフレコ馬券情報」を暴露したということで
今、関係者間でもかなり話題になっていることをご存知でしょうか?

馬渕2

社台グループ動向からの馬券戦略は今や誰もが欲する「オフレコ馬券情報」であり
この情報を握っている者が馬券に勝つとまで言われているが、
記憶に新しいのは今年の京成杯で社台のキャロット馬が1-3着独占したレース。
社台の動向を見抜いて3連単780.5倍の高配当を6点で的中させたのがこの彼である。

「 確かに社台の6歳牝馬を狙うのも悪くはないと思うが、社台がこのレースで勝たせたいのは
6歳牝馬ではなく別の馬。ヤリがあるならこの馬向きの展開を作り出すと思うよ 」

ということでここは、大人の事情、チームオーダーがかかる可能性を示唆。
ともなればその馬がどの馬なのかはチェックしておく必要がありそうですね。

さすがにこのような誰でも閲覧できるブログ等ではこの手の情報は公開できません、
本来であればごくわずかの人間にしか公開されない「オフレコ馬券情報」ですが
今回はこのサイトに無料登録した人が閲覧可能になるということ。

競馬関係者の登録はお断りということなので、関係者の方には申し訳ないですが、
一般競馬ファンの方は是非この機会に「オフレコ馬券情報」の威力を
体感されてみてはいかがでしょうか。

【 京都牝馬S(G3)社台の思惑・オフレコ馬券情報はコチラ 】

 

京都競馬場7
フェブラリーSを翌日に控える重要な競馬開催日にはなりますが、
まずはこの京都牝馬ステークスをきっちりと的中させて
軍資金をたらふく蓄えておきたいものですね!

 

【船橋競馬】 習志野きらっとスプリント(S3)短距離頂上決戦を徹底予想

【新潟開幕】 ★アイビスSD(G3)出走馬徹底分析&必勝データ公開中★

【札幌開幕】 『クイーンSを的中させたい人必見』出走馬データ徹底分析

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

栗東坂路

★2016日経新春杯(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 来るべき春の天皇賞へ向けて古馬もここから主導権争いが始まります。 京都2400

記事を読む

free33

【天皇賞春2017レース展望】予想に役立つ出走馬情報!

管理人です。 春の最強馬決定戦、天皇賞(春)が今週末いよいよ京都競馬場で発走となります

記事を読む

調教スタンド

★2016ラジオNIKKEI賞(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 ラジオNIKKEI賞の最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 秋へ

記事を読む

函館競馬場調教

★2016ダービー卿CT(G3)★馬券予想直結の追い切り特注馬情報!

管理人です。 G3ではあるものの好メンバーが集う今年のダービー卿チャレンジトロフィー。 それ

記事を読む

地方競馬

【かきつばた記念2017予想】名古屋競馬を徹底予想

管理人です。 ゴールデンウィークは地方競馬の中央交流重賞を楽しみましょう。第一弾は5月3日に発

記事を読む