【2016ダイヤモンドステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/02/18 重賞展望 , ,

土   東京  ダイヤモンド ステークス!
東京競馬場3
今の競馬番組にしては珍しい長丁場3400mの闘い。
距離を考えれば、ハンデが微妙に影響するかも…
勿論、切れよりもスタミナ豊富が優先される。

※  ポイント

☆ カムフィー  54k
昨年暮れ中山のステイヤーズS 3600mで2着。
決め手には欠けるが、スタミナ面で他馬を一歩リードしている。
東京コースにも実績があり、7歳馬と軽く扱うことはできない。

☆ タンタアレグリア  55k
ダービー7着、菊花賞4着の4歳馬だが、今回は4カ月の休み明け。
ここを目標に入念な乗り込みが続けられてきた。
未だ2勝馬ながら、長丁場には自信を持っており、侮ることはできない。

☆ トゥインクル  54k
暮れのステイヤーズSで3着があり、近走は崩れなく成績も安定。
後方からの競馬なので勝ち味に遅いが、今回も確実に伸びてくるのは確か。

☆ ネオブラックダイヤ  54k
昨年の同レースは5着だが、春の天皇賞で5着と健闘している。
暮れの中山ステイヤーズS5着は休み明けが伸び悩みの因。
長丁場は望むところだろうが、残念ながら決め脚がない。
うまく立ち回ればヒモ争いに加われるかもしれないが…

☆ ファタモルガーナ  56k
前走のステイヤーズSは7着に終わっているが、
2014年のステイヤーズS 2着、昨年の同レースは2着の成績。
少なくとも、無視することはできないのでは。

☆ フェイムゲーム  58.5k
2014年の同レース、昨年の同レースも連覇しており、
春の天皇賞は2着と、力のあるところを誇示している。
オーストラリア遠征の2戦はダメだったが、今回はリセットしての一戦。
力が力だけに、いきなり勝ち負けしても驚くことはできない。
今回のポイントは、休み明けになること、ハンデが重くなることだろう。

☆ ホッコーブレーヴ  56k
2014年春の天皇賞で3着はあるが、その後の成績は今ひとつ。
今回は8歳馬で、休み明けいきなりの3400mになるし、
目標は春の天皇賞でもあり、まずはひと叩きとみた。

☆ マイネルメダリスト  55k
昨年暮れのステイヤーズSで4着はあるが、特に目立つ成績は挙げていない。
2014年6月の目黒記念を勝ってから、ここまで勝利はないし…

☆ マドリードカフェ  53k
格上挑戦の万葉S 3000mを勝ってはいるが、まだアテにはできない。
今回 上位争いすれば力を認めるとして、安易に飛びつくのだけは避けた方がいい。

☆ モンドインテロ  54k
連勝してオープン入りを果たしている、7戦4勝の4歳馬。
その連勝が共に2400mなのでスタミナがあることだけは確か。
しかし、昇級の3400mでいきなりやれるかどうかは疑問符が。
魅力は十分だけに、先物買いの気持ちで期待するのも面白そうだが。

距離が距離だけに、若い力に重きを置かなければならないが、
長丁場に実績ある馬にも注意を払いたい。

 

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

japancup_syonanpandra

ジャパンカップ2016予想・馬券分析

2016/11/27(日) 東京11R ジャパンC・馬券分析! 第36回 ジャパンC 2400

記事を読む

桜花賞

【4/12(日)阪神11R桜花賞(G1)】馬券分析・予想

阪神 桜花賞・馬券分析! いよいよ桜花賞!東高西低の図式通りなのか? 入念に各馬をチ

記事を読む

フェブラリーステークス1

【2/21(日)東京11R フェブラリーS(G1)】馬券分析・予想

日 東京 フェブラリーS・馬券分析! 今年のフェブラリーステークスは展開が大きく馬券に左右

記事を読む

京都競馬場6

【2015菊花賞(G1)】1週前出走予定馬動向をチェック!

来週の京都は三冠最後の闘い菊花賞です! 皐月賞とダービーを制したドゥラメンテの姿はあり

記事を読む

uma_01

【高松宮記念2017結果/レース回顧】外目からセイウンコウセイが抜ける!

高松宮記念はセイウンコウセイが外目から強襲! 2017/3/26(日)開催 中京11R 高

記事を読む