【2016京都牝馬ステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/02/18 重賞展望 , ,

土  京都  京都牝馬ステークス!
京都競馬場4
古馬の牝馬には それなりの目標レースがある。
2月末に阪急杯が、3月末には高松宮記念が、4月初めには阪神牝馬Sも。
その意味では、このレースは目標でもあり、トライアル戦でもある。

※  ポイント

☆ ウインプリメーラ
京都金杯の勝ち馬で、1600mに重点を置かれ使われている。
京都は5勝と得意のコースだが、今回の1400mは初めてになる。
テンに行ける脚があるので、速いペースに戸惑うことはなさそう。

☆ ウキヨノカゼ
昨年夏の函館、札幌の1200mで連勝し、スプリンターズSも3着と好走。
今回は約半年振りの実戦となる。
ということは、ここは叩き台であり、目標は次の高松宮記念。

☆ ウリウリ
昨年秋からの3戦は支持された人気を下回る成績に終わっている。
今回は立て直しを図っての緒戦だが、狙いは次の高松宮記念。
中京のCBC賞1200mで勝っているから。
京都は4勝をマーク、1400mは5戦1勝しているが、
ここは彼女にとってトライアル戦ではないだろうか?

☆ クイーンズリング
秋華賞の2着はあるが、本来はマイラータイプと思われる。
フィリーズレビューの1400mを勝っており、今回の条件戦は合う。
ただ、久々のレースで相手も強力、そのあたりが問題になるが。

☆ スナッチマインド
ここまでが13戦4勝し、1400mを得意とする5歳馬だが、
前走で1000万条件を勝ち上がったばかりで、ここは格上挑戦にもなる。

☆ ダンツキャンサー
京都コースで2勝を挙げ、1400mで3勝しているが、
重賞メンバーでのキャリアが不足している。

☆ ディープジュエリー
デビューから3連勝し、ここまでが6戦3勝の4歳馬。
前走は1600mで6着、それまでは1800m、2000mしか走っていない。
今回は更に距離が短くなる1400m、忙しい感じは否めず。

☆ ベルルミエール
昨年は7戦して勝利なし、昨年の同レースは10着に敗れているが、
1400mを得意とし、京都コースで3勝を挙げている。
軸は無理としても、押さえの一角には入れておきたい感じはするが。

☆ マジックタイム
前走1600万戦を勝っての昇級戦、それもいきなり重賞戦。
これまでに1400mは2走しているが、勝ち鞍の4勝すべてがマイル戦。
ここはよほど踏ん張らなければ上位争いは難しいだろうが、
今の勢いは無視することはできない。

☆ リーサルウェポン
1000万を勝って愛知杯に挑戦して2着の結果を出している。
本来はマイラータイプなので、前走よりも距離は合っているはず。
ただ、今回は別定戦で、斤量が50kから54kになるので楽観視はできない。

☆ レッドオーヴァル
1200mのスペシャリストと思われがちだが、1400mで2勝を挙げている。
立て直しを図っての緒戦でどんな走りを見せるか?
直線が平坦の京都コースは合っている。

ここはウリウリ中心の競馬になりそうだが果たして…

 

【絶対推奨】 阪神ジュベナイルF(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 チャレンジC(G3)極選!注目馬情報・予想公開はコチラです!

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場4

【6/12(日)東京11Rエプソムカップ(G3)】馬券分析・予想

日  東京  エプソムC・馬券分析! ここ3年は 1番人気が勝利しておらず、波乱は必至のレース

記事を読む

菊花賞

【10/25(日)京都11R 菊花賞(G1)】馬券分析・予想

京都 菊花賞・馬券分析! 牝馬の秋華賞に続き、3歳牡馬の実力決戦!菊花賞。 昨年のよ

記事を読む

中山競馬場4

【4/3(日)中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)】馬券分析・予想

日  中山  ダービー卿CT・ 馬券分析! G3のマイル戦、賞金を加算して安田記念に向かいたい

記事を読む

ジャパンカップ1

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[1]~ゴールドシップ他

東京 ジャパンC・徹底分析! 1 有馬記念を前の一戦で、今年は4頭の外国馬が参戦する。

記事を読む

ヴィクトリアマイル

【2015ヴィクトリアマイル(G1)】1週前展望

来週はヴィクトリアマイル! まだ歴史は9年ですが、振り返ると錚々な名馬ばかりです。

記事を読む