【2016フェブラリーS(G1)】出走馬徹底分析[2]ノンコノユメ他

公開日: : 最終更新日:2016/02/17 重賞展望 , ,

フェブラリーS 徹底分析!  2  
フェブラリーステークス
サノイチ
☆  サノイチ  5歳
前走1600万条件を勝ち上がっての挑戦となる。
全5勝中4勝が東京コース、1600mは1戦して1勝と条件は満たしている。
ただ、今回は55kから57kの斤量になり、相手強化は歴然。
これまでのようなワケにはいかない。
スーサンジョイ
☆  スーサンジョイ  4歳
目下4連勝中、その距離はすべて1400mとなっている。
全体のダート成績は11戦して、1着6回、2着3回、3着1回だから立派。
今回の1600mは初めてだが、1700mで1勝、2着1回なのでこなせるはず。
スピードで押す競馬が多いが、今回は大事に乗るだろうから、控える競馬で。
左回りは初めて、距離は1ハロン延長、メンバーもこれまでとは強力。
勝利するには、これらのすべてを克服する必要がある。
タガノトネール
☆  タガノトネール  6歳騸馬
前走の根岸Sはここに向けての布石であり、着順はこだわらない方がいい。
2走前の武蔵野Sはノンコノユメとハナ差の2着だから、ここでヒケは取らない。
昨年の秋からは、勝てないまでも常に差のない競馬をしており、
好位からレースが組み立てられるので、勝機は隣合わせにある!と言える。
展開ひとつ、立ち回りひとつで結果は決まる。
ノンコノユメ1
☆  ノンコノユメ  4歳
1800mのチャンピオンズCは2着に終わっているが、それまで4連勝。
その中の大井戦では G I レースも制している。
東京コースは5戦4勝、3着が1回。ユニコーンS、武蔵野S勝ちもある。
持ち味は末脚で、確実に35秒台の脚は使えるので、要は展開ひとつ。
前走より斤量は1k増えるが、武蔵野Sは58kで差し切っており57kは不問。
G I 戦でスローペースは考えづらいので、持ち味は発揮できると読むべき。
スタート五分で、中団から競馬ができれば理想なのだが…
パッションダンス
☆  パッションダンス  8歳
1月末の川崎記念の初ダートを使っての臨戦過程となる。
さすがにスタミナ不足で失速状態に陥っているが、
まだダートが不向きの結論は出せない。
ただ、8歳の年令と、今回の1600mの距離を考えると、
一変するとは想像がつかないが…
明日の 3 に続く…

 

【2016フェブラリーS(G1)】出走馬徹底分析[1]コパノリッキー他

 

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

高松宮記念2015

【2015高松宮記念(G1)】出走馬診断

中京・高松宮記念! 昨年は泥んこ馬場でのファンファーレだっただけに、 今年はスピード

記事を読む

ホッコータルマエ2

【2015チャンピオンズカップ(G1)1週前出走馬動向をチェック!

☆ 来週の中京チャンピオンズCは激戦! 昨年はホッコータルマエが制した、チャンピオンズ

記事を読む

free13

【阪急杯2017】出走予定馬短評と予想のポイント

阪急杯2017:予想のポイント 2017/2/26(日) 阪神11R 阪急杯 G3 芝1400

記事を読む

東京競馬場3

【11/8(日)東京11R アルゼンチン共和国杯】出走馬短評とレース展望・予想

東京 アルゼンチン共和国杯! 競馬ファンにはお馴染みの G2 2500mの長丁場。

記事を読む

有馬記念1

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラブリーデイ他

中山 有馬記念・徹底分析! 4 いよいよ今年の締めくくりになるグランプリレース有馬記念。

記事を読む