【2/14(日)京都11R 京都記念(G2)】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/02/14 重賞展望 ,

日  京都  京都記念・馬券分析!
京都競馬場7
春の天皇賞を目指す G2 の闘い。一応 4歳馬が中心だが…
1番人気が勝ち負けしている傾向にもある。

※  展開はどうなる?

スズカデヴィアスが逃げ、同厩舎アドマイヤデウスが続く。
トラストワン、ミュゼゴーストも前につける。
ヤマカツエースは中位から、そこにはサトノクラウンも位置する。外回りとはいえ、2200mは仕掛けのタイミングが難しく、
ジックリ構え過ぎると、差し込めないケースも出てくる。

※  ここまでの結論!

◎  01  ヤマカツエース
マイラーから変身してから、G 3 を連勝している。
すっかり走りは中距離仕様になっており、折り合うし終いも切れる。
G 2200m 戦にはなるが、4歳馬で勢いがあり、伸びしろも十分。

◯  09  レーヴミストラル
青葉賞に続く日経新春杯の G 2 制覇の4歳馬。
得意の京都コースで実力も認めるが、出遅れ癖はネックに変わる可能性がある。
そのリスクを考慮しなければならない。

▲  07  サトノクラウン
休養明けだが、皐月賞6着、ダービーではレーヴミストラルに先着の3着。
仕上がりひとつでは、アッサリ勝ってもおかしくない実力馬なのだ。
もっとも怖い1頭と言える。

△  03  トーセンレーヴ
オープン戦を連勝して、有馬記念が勝ち馬と0.3秒差の6着は立派。
ただ、8歳馬でもあり、中心視するのは二の足を踏んでしまう。
得意の京都でもあるので、押さえには入れておきたい馬。

×  06  タッチングスピーチ
ローズSを勝ち、エリザベス女王杯 3着の侮れない4歳牝馬。
仕上がり早やで、53kで走れるのも魅力。
強力牡馬相手になるが、一応の注意は払いたいが。

×  02  アドマイヤデウス
内枠を手に入れた有馬記念が7着で、岩田騎手の豪語は現実とならず。
前で競馬をしても、控える競馬をしてもチョイ足らず。

×  12  ヒストリカル
前走の重賞戦2着はあるが、G 2 メンバーに入ると劣勢は否めず。
それに、勝ってはいるが、京都コースは上がりが速くなるのでつらい。

×  10  ワンアンドオンリー
中間の乗り込みは入念だが、特に変わった感じはない。
ダービー馬ではあるが、まだ手を出すまでは至らず。

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free13

【アーリントンカップ2017】出走予定馬短評と予想のポイント

アーリントンカップ2017:予想のポイント 2017/2/26(日) 阪神11R アーリントン

記事を読む

2015syukashow

秋華賞2016予想・馬券分析

日 京都 秋華賞・馬券分析! 最も有力視されていたシンハライトの戦線離脱で、俄然 騒が

記事を読む

オークス2016

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[3]チェッキーノ他

日  東京  オークス・ 徹底分析!   3 桜花賞馬の戦線離脱は残念だが、熱い3歳牝馬の

記事を読む

アドマイヤスピカ

【2015宝塚記念(G1)出走馬分析[1]】アドマイヤスピカ他

宝塚記念・各馬の分析 1! アイウエオ順から分析していきます。 今回は ※ アドマ

記事を読む

free13

【根岸ステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

根岸ステークス2017:予想のポイント 2017/1/29(日) 東京11R 根岸ステークス

記事を読む