オーシャンSの出走馬短評と予想

公開日: : 過去の記事

オーシャンS !

過去の結果を振り返ると1番人気が不振。
しかも逃げ馬には苦しい流れになっている。
今年は逃げ馬ハクサンムーンが断然の1番人気に。
果たして、データは通用するのかどうか?

※  アフォード
休み明けの暮れの一戦でいきなりの勝利。
今回のメンバーもそのレースに出走した馬は多い。
それだけに胸を張ってもいいところだが、
続くシルクロードS がサッパリの内容。
ということは暮れの勝利は嵌ったモノ?

※  アースソニック
京阪杯を勝った馬が、前走はオープン特別で敗退。
着差は0.3秒だが、敗因はどこにあったのか…
Hペースの逃げもあっただろうし、中山の坂も?
今回は立て直しを図り、G I 挑戦を賭けての出走。
悪くとも2着は確保し賞金を加算したいところ。
でなければ、高松宮記念出走の保証はない。
ここは勝負態勢と読んだが…

※  スギノエンデバー
33秒台の末脚を持っているが、ここ2走は不発続き。
どうしたことかと振り返ると…
どうやら汗を欠く季節が体の切れもいいようだ。
展開的には今回は嵌ってよさそうでも…

※  スマートオリオン
準オープンを勝っての連闘策になる。
常識的には厳しいモノがあるが、
これまでの1200mは4勝2着3回とまったく崩れがない。
無理な脚を使わず好位を確保できるなら、
上位争いに加われるかも知れない。

※  ハクサンムーン
5カ月ふりの実戦で本番前のひと叩きとなる。
余裕残しの仕上げとしても、ここでは実績が違う。
高松宮記念3着、スプリンターズS2着なのだから。
もし崩れるとすればどこに因が求められるか?
出遅れて走りのリズムを崩した時か、
自滅覚悟で同型が競りかけてきた時では?
まともならアッサリ勝っておかしくない!

※  リアルインパクト
休み明けに良績を残しており、前走はGⅡ勝ち。
今回のポイントは1200mの流れに対応できるかが鍵。
これまでのラップからでは、とてもハナは切れない。
トリッキーな中山コースも気になる材料だが…

※  レオンビスティー
連勝の勢いで挑んだ重賞戦だったが甘くはなかった。
一変する可能性はあるのだろうか?
あるなら4勝中3勝を挙げた中山コースだろうが、
持ち時計は1分8秒前半、スピード決着になると?

※  レッドスパーダ
2000mの天皇賞に挑戦したかと思えば、
今回はスピード優先の1200mに挑戦。
8歳の馬には戸惑いは隠せまい。
56kの斤量は歓迎でも勝ち負けとなると…

展開的には差し有利だが、
オープンではなかなか前は止まってくれない。
常識的にはハクサンムーンだが……

【必見情報】 状態絶好【中山記念(G2)】今週狙い目の馬はコノ馬です!

【自信勝負】 ☆阪急杯(G3)イチオシ狙い馬はこの馬←これは必見です☆

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

日経新春杯!

過去の実績を振り返ると4歳、5歳馬の活躍が目立つ。 脚質では逃げ馬につらく差し、追い込み馬が有利。

記事を読む

catch

中山のカペラS

中山・カペラS! まだ歴史が浅く今年で7回目を迎える。 これまで 1番人気の馬は勝っておらず波乱ム

記事を読む

catch

京都はスワンS

スワンS! 1着馬にはマイルCSへの優先出走権が与えられる。 過去を振り返ると若い力の活躍が目立って

記事を読む

catch

ドバイミーティング ジャスタウェイ・ジェンティルドンナ他総評

ドバイDay ! 今年も真夜中の熱い闘いが繰り広げられた。 アジアからは香港馬が8頭、日本馬が8頭

記事を読む

catch

目黒記念(2014)予想 出走馬短評 アスカクリチャン 他…

目黒記念! すっかり、ダービー後の最終レースに馴染んだ感。 余韻を楽しむか?負けを取り戻すか? ソ

記事を読む