★2016京都記念(G2)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2016/02/17 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
調教風景
日曜日のメインは京都記念(G2)古馬長距離路線、天皇賞・宝塚記念と続く路線。
ここから始動する有力馬も多いなか、近年ではドバイへ向けた壮行レースに
このレースを選択する馬も出てきており、多種多様な路線へ向けての試走戦となりそう。
各馬の仕上がり具合はいかがなものか?

サトノクラウン追い切り
サトノクラウン
美浦W 68.3 52.7 37.9 12.4 一杯 併せ併入

昨年のダービー3着馬が期待された天皇賞(秋)では大敗を喫してしまい、そのまま放牧へ。
世代屈指の実力を誇示するためにもここは格好をつけたい一戦とはなるだろうが
前走の休み明けと比較すると今回の方が負荷もかかった追い切りを消化できている。
直前も京都への輸送が控えているにもかかわらずビッシリ追われて7馬身追走から
終いは併入の内容は好追い切りと言ってもいいだろう。
堀調教師が「無様な競馬はしない」とコメントを出しているが確かに無様な競馬は
ないだろうと思える追い切りであったと言えるのではないだろうか。

タッチングスピーチ追い切り1
タッチングスピーチ
栗東坂路 52.5 38.3 25.0 12.6 G前追う

2週続けて坂路で好タイムを叩きだす。この追い切りパターンはローズSで
ミッキークイーンを負かした際と同じパターンでもあり久々でも態勢は整ったか。
同世代の女王ミッキークイーンは昨年のジャパンカップでは奮わなかったように
牝馬がいきなり牡馬とやりあって互角にやりあえるかとなると疑問もあり
また予定していた浜中騎手が落馬負傷で急遽鞍上が今週から復帰の福永騎手に
なるというのも多少なりとも不安が残るが、この後はドバイ遠征を予定している馬。
まずは結果云々よりも持ち前の末脚を直線で発揮できるかどうかをチェックしたい。

レーヴミストラル追い切り1
レーヴミストラル
栗東W 87.1 70.5 55.3 40.4 12.0 馬なり

川田騎手を背に長めからいって終いを伸ばすという追い切り内容は
前走日経新春杯を制した時だけでなくここ数戦変わらない調整方法。
これで結果が出ているだけに調整方法にも文句はないが
その終いの伸びは相変わらず秀逸。前走同様の仕上がりであると判断できそうだ。
2400m以上の距離で結果を残している馬だけに今回の2200という距離が
微妙に短くなるという可能性は否めないかもしれないが、
年明け1度使っているというのは休養明けの馬と比較すればアドバンテージはありそうだ。

有馬記念以来となるアドマイヤデウスや休み明けのミュゼゴースト
更には明けて7歳になったヒストリカルあたりも好追いきりと判断して良さそうだが
状態の良さそうな馬が揃った感がありさすが重賞といったところだろう。

これら上位の馬ならどこからでも入れそうな混戦模様となっているだけに
これは的中すれば高配当も望めそうな一戦とはなりそうだ。

 

京都競馬場6
ここはドバイへ行く馬が勝つのか?それとも天皇賞を狙う馬が勝つのか?
はたまた、新たなスター誕生を予感させる新星が誕生するのか?それこそ、注目しないわけにはいかない今年の京都記念ではありますが
まずは好レースを期待したいものですね。

 

【不良馬場】 ※不良馬場の菊花賞(G1)で狙うべき重馬場巧者が気になる方はクリック

【GⅠ的中】 菊花賞(G1)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【京都競馬】 ★菊花賞(G1)クラシック3冠最終戦を的中させたい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

福島競馬場2

★2016福島牝馬ステークス(G3)★パーフェクト予想で高配当的中!

管理人です。 今週はG1開催こそ一休みですが、香港ではQE2が開催され日本からも ラブリーデ

記事を読む

阪神競馬場ダート

★2016アンタレスS(G3)★皐月賞前の資金調達$ボーナスレース

管理人です。 皐月賞の前日に阪神競馬場で行われるアンタレスステークス(G3)は 古馬のダート

記事を読む

地方競馬

【川崎記念2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 フェブラリーSに先立ち、今年はじめの地方交流G1レース川崎記念(Jpn1)が2/

記事を読む

クラスターカップ

【2016クラスターカップ(Jpn3)】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ今週末は夏競馬最大の注目レース札幌記念!しかしその前に お盆ウィークは

記事を読む

フジノウェーブ記念

★2016フジノウェーブ記念(S3)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 近年レベルアップしている南関東馬の中でもとりわけ高評価されているのが 短距離戦

記事を読む