【徹底検証】きさらぎ賞(G3)は5億円対決サトノダイヤモンドVSロイカバードの一騎打ちなのか?

管理人です。
サトノダイヤモンドロイカバード
今年のきさらぎ賞はサトノダイヤモンドロイカバードという2頭のセレクトセールで
2億円を超える取引で落札された馬がデビュー戦以来の2度目の直接対決ということで
盛り上がりを見せていますが、果たして一騎打ちの決着となるのでしょうか?

確かにデビューから2戦2勝、前走の500万下戦にしても1頭次元の違う競馬をした
サトノダイヤモンドも、デビュー戦こそ2着ではあったものの、
前走の福寿草特別は圧巻だったロイカバード。強いことに変わりはなさそうですし
危険な人気馬になるということはなさそう。
とはいえ、この2頭が抜けて強いということもなさそう。他にも注目すべき馬はいます。

レプランシュ
例えばこのレプランシュ
デビュー戦を快勝して臨んだ東京のアイビーSは出遅れて、慌てて出していったら
引っかかってと散々なレースとなってしまったが、
続くシクラメン賞はしっかりスタートを決めて折り合っての快勝。
デビューから3戦ともに最速の上がりを駆使している切れ馬だけに末脚嵌れば
上記2頭を喰らう可能性は十分にあるのではないだろうか。
関東から内田騎手を呼び出してのレースになるだけに陣営もそのつもりだろう。

ロワアブソリュー
更にはこのロワアブソリュー。1戦1勝という戦績で底を見せていないが、
そのデビュー戦は引っかかったりと鞍上のデムーロをてこずらせながらも
直線に入ってもしっかりと伸びての逃げ切り勝ち。
あれだけ道中でロスが多ければ直線失速は止む無しの流れでの快勝劇は
それこそ力がなければできないこと。
まだ荒削りな部分があるだけに重賞に入って悪いところを見せれば惨敗という
可能性もあるだろうが逆に成長を見せて100パーセントの力を発揮してしまえば
勝ちきる力を秘めている馬であることは間違いのないところだろう。

つまりのところ、はじめからサトノダイヤモンドとロイカバードの一騎打ち。
などと決めてかかると痛い目を見る可能性が十分にあるのが今年のきさらぎ賞ということ。
とはいえ、これら4頭に共通することは何かを挙げるとこのレースに疑問が生まれる。

社台グループ
これらの4頭、全てがノーザンファーム産の社台グループ馬であるということ。
レプランシュ・ロワアブソリューは直系のキャロット・サンデーレーシングの馬でもあり
ロイカバードは社台贔屓の寺田オーナー所有。そしてサトノダイヤモンドはそれこそ
サトノの里見オーナーの所有馬である。里見オーナーといえば社台のお得意様中のお得意様だ。
実際このきさらぎ賞は登録11頭中5頭がノーザンファーム産馬。
社台ファーム産馬も含めれば6頭もが社台系の馬で行われるという重賞になる。
まさに社台の運動会と言ってしまえるメンバー構成になっているのだ。

馬渕2

そんな状況でもあるだけにこれはどういったレースになるか、
敏腕厩務員として競馬界でその名前を知らない者はいないという程、
社台グループ馬を数多く育て、G1まで制し今でも社台グループと強いパイプを持ち
社台馬のことなら馬渕に聞けとまで言われているこの人の見解はこうだ。

『 確かにこの顔ぶれだとある程度のチームオーダーはありそうだ。
この中で勝たせたいのは○○○○だろうが、力差拮抗だから紛れはあるだろうね 』

ということなのだが、このコメント以上に興味深い発言がこの後飛び出した。

『 社台馬有利なのは間違いのないところだけど、非社台馬となる○○○○なんだけど
状態面も良いみたいで陣営もこれら社台勢に一泡ふかしてやろうと虎視眈々。
穴で狙うならこの馬しかいないだろうね。っていうか勝つかもよ 』

という意味深な発言をしているのだ。彼の人脈があるからこそのスクープネタだろうが
これを元に彼は厳選3連単買い目からきさらぎ賞でボロ儲けを狙っているらしい。

果たして穴で狙うべき特注馬とはどの馬なのか?
そして社台馬で狙うべきはサトノダイヤモンドなのかロイカバードなのか?
それとも別の社台馬の激走があるのか?

その答えをこういった誰にでも閲覧できるネット上に公開することは
情報保護の観点からもNGという前提に貰ったコメントだけに、
この結論を知りたい人は このサイト の彼の見解をチェックしていただきたい。

もはやロイカバード・サトノダイヤモンドの一騎打ちの決め込んで馬券を買うと
決めている人もこの2頭の馬連を買おうものならオッズが1倍台になる可能性すらある。
ならば3連単や3連複少点数で勝負しなければならない一戦となるだろうが、
相手はごく少頭数に絞らなければならないだろうがその中に彼の特注馬を入れることは
間違いなく忘れてはならないことになるであろう。

【 きさらぎ賞(G3)社台の思惑?関係者が狙う特注馬はコチラから 】

 

ルージュバック3
去年はルージュバックが牝馬ながらに勝利をして、クラシックへ大きな話題を提供したが
今年もどんな結果になろうが、クラシックへ向けては要チェックなレースとなることは
間違いのないところになりそうなきさらぎ賞。
馬券もきっちり的中して、寒い季節だけに寒くなっている財布を暖めたいところである。
そのためにも関係者情報は美味しく無料で調達するのが一番だろう。

 

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

【京都牝馬ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京都牝馬ステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。牝

記事を読む

京都競馬場4

★2016シンザン記念(G3)★予想する上で知っておきたい関係者の思惑とは?

管理人です。 名馬シンザンの名を冠したシンザン記念は50回目の節目の年を迎える。 過去にはオ

記事を読む

no image

【京都金杯2017 予想 オッズ】エアスピネルがマイルで本領発揮!?

管理人です。 京都競馬場の2017年の幕開けを告げる京都金杯の発走が近づいてきました。 今年

記事を読む

調教風景

★2016京都記念(G2)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 日曜日のメインは京都記念(G2)古馬長距離路線、天皇賞・宝塚記念と続く路線。

記事を読む

皐月賞2016-2

【最終結論】皐月賞は本当に3強の競馬なのか?本当に強い馬はこの馬!

管理人です。 いよいよ皐月賞の発走が近づいてきましたが、人気は予想通り3強に集中。 サトノダ

記事を読む