【レース回顧】2016根岸ステークス(G3)~モーニンが初重賞制覇!

根岸Sはモーニンが初重賞制覇!

モーニン1

フェブラリーSの前哨戦とも言えるレースだが、
メンバーの中には、ここを目標の馬もいるはず。
それがモーニンではなかったか…?

馬体を戻し太目感はまったくなく、仕上がりは文句なかった。
シゲルカガが前半3Fを34秒6で飛ばす流れの好位づけ。
直線を向くと、勝ちパターンの抜け出しを図る。
しかし、ゴールまではかなり長く、アップアップしながらの勝利。
勝ち時計は1分22秒0、上がりは47.4-35.6。

勝ち馬をヒヤッとさせたのがルメール騎手のタールタン。
8歳馬で頑張っているが、騎手の腕も好戦に貢献している。

3着は以前のフェブラリーSを制したグレープブランデー。
この走りをキッカケにして本番に向かうのだろう…

東京の1400mが得意のアンズチャンもここまでが精一杯。
この上がりでは勝ち負けするのは無理。

馬が良かったプロトコルも相手強化で掲示板がやっと。
ここを叩いて、次が真価が問われる一戦になるだろう。

サクラエールはスタート後手がすべて。

レーザーバレットも馬体はよかったが、メンバー強化が応えて失速。

タガノトネールは本番を意識してか、仕上がりはひと息に思えた。

モーニンがフェブラリーSに出走するなら、
1ハロンの距離延長、1600mをいかに克服するかにかかっている。
そう思うのだが…

【東京開幕】 ★根岸ステークス(G3)出走馬徹底分析予想はコチラ★

【特別公開】 シルクロードS(G3)予想必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

arubert

【ステイヤーズステークス2016レース回顧】アルバートの順当勝ち!

中山 ステイヤーズSはアルバートの順当勝ち! ステイヤーズS 3600m芝 G 2 別定戦

記事を読む

マカヒキ弥生賞

【レース回顧】2016弥生賞(G2)~豪快にマカヒキが決める!

中山 弥生賞は豪快にマカヒキが決める! 頭数こそ少ないが、レベルの高さは話題に上がるほ

記事を読む

ドゥラメンテ2

【レース回顧】第82回日本ダービー~ドゥラメンテ

第82回 日本ダービー 今年は 二冠を狙うドゥラメンテが中心のレースだった。 直前人

記事を読む

トゥインクル

【レース回顧】2016ダイヤモンドS(G3)~トゥインクルの圧勝!

ダイヤモンドSはトゥインクルの圧勝! 長丁場、荒れ馬場のハンデ戦ではスンナリとは収まら

記事を読む

アスカノロマン

【レース回顧】2016東海ステークス(G2)~アスカノロマンが決める!

中京 東海Sはアスカノロマンが勝利! 朝一番で浜中騎手が落馬のアクシデントがあり、

記事を読む