【2016根岸ステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/01/28 重賞展望 , ,

日  東京  根岸 ステークス!

東京競馬場ダート
次にフェブラリーSが控えており、各馬は手応えを掴みたいところ。
本番は1ハロンの距離延長になるが、コースは同じ。
果たして、結果と賞金加算を手にする馬は…

※  ポイント

☆ アドマイヤサガス
昨年10月の室町Sを久々に勝っているが、嵌まった感が強かった。
2014年の同レースは10着、東京の1400mに良績を残していない。
どうも、左回りの走りはギコチなくて。

☆ アンズチャン
どうやら前走の中山1200mは今回への布石だったようだ。
いかに、陣営のコメントが信用できないかが良く分かる。
さて、ひと叩きの効果と、左回り東京の1400mに替わって、
一変の可能性を秘めており、あとは前崩れの流れさあれば一発ある。

☆ グレープブランデー
2013年のフェブラリーS制覇してから勝利していない。
昨年の同レースは10着で、年を重ねてからズブさが出て短距離は追走一杯。
ひとつの時代を終えたのかもしれない。

☆ サクラエール
夏の札幌戦から崩れはなく、オープンに入っても2着は確保している。
その点は認めるが、今回はこれまでとは相手が違うので、
この馬にとっては試金石の一戦と言えるだろう。

☆ シーキングマシーン
この2戦は頑張っているが地方戦での結果であり、
それまでの中央戦での成績は今ひとつ。厳しい闘いが待っている。

☆ タガノトネール
明け6歳馬だが、今は充実期にある印象さえ受ける。
昨年夏のサマーチャンピオンの勝利から、3着、2着、2着の成績。
その前走2着が武蔵野Sなのだから信用してもいいだろう。
1400mは地方交流戦を含めて、4勝、2着4回の得意距離でもある。
ハデさこそないが、上位争いに加われる馬。

☆ タールタン
暮れのファイナルSで久々の勝利を挙げているが、ヤヤ色あせた感は否めない。
東京の1400mは得意の分野だが、オープン特別までの成績で、
重賞メンバーになると割引かざるを得ない。
ルメール騎手がどんな騎乗を見せてくれるのか…

☆ プロトコル
昨年だけで3勝をマークし、頭角を現してきた明け5歳馬。
1400mは全勝利5勝の中、3勝を挙げている得意の距離。
ただ、重賞経験がないので、今回は厳しい闘いになるかも…

☆ マルカフリート
昨年の同レースは7着だが、11月の霜月Sを勝ち、カペラSが3着と元気一杯。
とても10歳馬とは思えない毛ヅヤと張りをしている。
1400mは全10勝中の5勝を挙げている得意の条件でもある。
多くは望めないが、頑張ってほしい気持ちはある。

☆ モーニン
デビューは遅く2015年の5月、そこからポンポンと4連勝して武蔵野Sに挑んだ。
結果はノンコノユメの3着だったが、手応えを感じる内容でもあった。
逃げても、差しに回っても競馬ができる自在性を備えており、
1600mまでなら距離は大丈夫、回りも関係がない。
ここで弾みをつけ、フェブラリーSに向かう青写真はできているが…

☆ レッドファルクス
芝、ダートを問わず、短距離を得意としている馬。
前走は芝で凡走しているが、2走前はダート戦を勝っている。
ダートの1400mは4戦して2勝、東京コースも問題なし。
好位から脚を伸ばすタイプだが、今回は相手が骨っぽいだけに、
どこまで通用するか真価が問われる一戦に。

☆ レーザーバレット
昨年5月のかきつばた記念からの前走までの5戦が地方交流を使っている。
その中で2勝し、その1勝が前走の園田 G 3 戦。
今回は同じ1400mでも、コースは広く時計も速くなる。
うまく対応できるといいのだが…

新旧交代の時期にあるかは、今回でハッキリするだろう…

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

no image

【京成杯2017】出走予定馬の動向をチェック!

2017/1/15(日)の中山は京成杯です! 中山11R 京成杯 G3 芝2000m 3歳 別

記事を読む

京都競馬場4

【11/29(日)京都11R 京阪杯(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

京都 京阪杯! ここ2年は1番人気が崩れて波乱の結果に繋がっているが、 近年は高配当

記事を読む

ラングレー

【小倉11R 小倉大賞典(G3)】馬券検討・予想

西・小倉大賞典馬券検討! 波乱要素が十分に考えられる G ? のハンデ戦。 信頼でき

記事を読む

asahihaiFS

朝日杯フューチュリティステークス2016出走馬徹底分析[2]~タガノアシュラ他

日 阪神 朝日杯フューチュリティステークス! 2 2歳 朝日杯 FS 1600m芝 G I 馬

記事を読む

中山競馬場4

【2016ニュージーランドトロフィー(G2)】出走馬短評と予想のポイント

土  中山  ニュージーランド T! 登録は、3勝馬1頭、2勝馬が13頭、残りが1勝馬での構成

記事を読む