【1/23(土)京都11R太秦ステークス】馬券分析・予想

公開日: : レース展望 , ,

土 京都 太秦S・馬券分析!

京都競馬場ダート

準オープンの短距離ダート戦、すべては展開次第で結果が変わる。
軸はカジキで堅そうだが…

※ 展開はどうなる?

シゲルカガがハナを切るのは見え見え、ゴーイングパワーの出方が鍵になる。
競りかければHペースになり前崩れ、控えれば行った行ったまである。
カジキは好位からの競馬をし、他馬はこれをマークする図式で。
連闘馬もいるので、当日の馬体チェックは必ず…

※ ここまでの結論!

◎ 02 カジキ
昨年秋の室町S、暮れのカペラSの成績ならアッサリ勝ってもおかしくない。
行くもよし、控えて終いに賭けるのもよしと安定感は抜群。
武豊騎手さえしっかり乗れば…

◯ 04 ブルドッグボス
連闘策。前走が負けたと言っても0.2秒差、元気ある4歳馬。
しかも、鞍上がデムーロ騎手なら立ち回りもうまい。
カジキをマークして、交わすことができるかどうかだけ。

▲ 08 シゲルカガ
前走はゲートが悪く、前半で脚を使ってしまい終い失速。
それでも、勝ち馬と0.3秒なら悲観することはない。
スタートを決め、マイペースが叶うなら一変した走りは十分。
この馬の明暗はゴーイングパワーが握っている。
アッサリ勝つか?馬群に沈んでしまうか?

△ 03 サフィロス
今回は新味を求めてダートに挑戦する。
ピッチ走法で、血統的にダートの適性はあるはず。
もしかすると、一変した走りを見せてくれるかも…

× 09 ゴーイングパワー
前走2着は展開の助けが大きく、まだアテにはできない。
ここはテンに速い馬がいるので、前走の競馬は望めない。
そうなるとモロさが出てしまうだろう。

× 07 サウンドガガ
巻き返す力は持っているが、前走の20k減の馬体は大きな心配材料。
中間の調整は馬体回復に努めた軽めで、ビシビシやれていない。
斤量は3k増えるし、こんなケースは捨て!が正解では。

× 06 タガノアザガル
初ダートになり、前に行けても砂を被ると戦意喪失のケース大。
前走でも終いバッタリ止まっている。

× 10 トキノゲンジ
確実に差を詰めてくるが、差し込むだけの脚は持っていない。
14k増だったので連闘は心配ないとしても、大きくは変われまい。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場ダート

【4/24(日)東京10R オアシスステークス】出走馬短評と予想のポイント

日  東京  オアシスS! フェブラリーSと同じ東京の1600mダート戦。 違うのはオープン

記事を読む

no image

【サンライズステークス2017】パドック診断速報

中山10RサンライズSパドック ※ レース傾向ー 差し有利の展開か? 馬番 評価 寸評 1△う

記事を読む

新聞

ヤマボウシ賞 2017 予想 / チャレンジ3連複!

☆ 3連複・購入! 9月30日 阪神競馬 9 R ヤマボウシ賞 軸馬➖ レディバード

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

クロッカスステークス2018/出走予定馬短評と予想のポイント

クロッカスS/予想のポイント 2018/1/27(土) 東京10R クロッカスS 3歳オープ

記事を読む

kawata_tuika15_960_720

相模湖特別2017予想/馬券分析

相模湖特別/馬券分析 2017/6/17(土) 東京10R 相模湖特別 3歳以上1000万円

記事を読む