【1/24(日)中山10R 東雲賞】予想のポイント!

公開日: : レース展望 ,

日 中山 東雲賞!

中山競馬場4

東雲賞は1000万条件の中距離戦2000m。
力差はなく、展開や立ち回りひとつで結果が変わる。
そんな一戦。

※ ポイント

☆ キネオダンサー
前走が休み明けで0.4秒差の6着、今回は叩き2走目になる。
プラス体重を叩いた上積みは見込めるが、斤量は3k増の55kになる。
追い込み馬でもあり、切れ味が鈍らなければいいが。

☆ツクバアズマオー
昨年暮れの休み明け緒戦を20k増の体で勝利しての昇級戦になる。
今回も同じ中山の2000mで、勝ち時計も悪くない。
同じだけ走れるならば、連勝してもおかしくはないが…

☆ テスタメント
一年前の1000万戦で勝利しているが、その後の4戦は入着どまり。
今回は3カ月振りの実戦になり、仕上がりが鍵を握っている。
中間の攻めは入念なので、いきなりの好走は警戒しておきたい。

☆ トレクァルディスタ
実績上位は明白の馬だが、問題は10カ月半振りの実戦。
乗り込み量は豊富だが、果たして息が保つかどうか…
半年以上のブランクは、克服するのはなかなか難しくて。

☆フォワードカフェ
一時は皐月賞やダービー出走を考えた馬だが現実ならず。
今回は8カ月半振りの実戦になり、初の古豪との闘いにもなる。
乗り込みは入念だが、即 通用はどうかと思うが…

☆ マイネルサージュ
地味ながら確実に力をつけ、前走で下級条件を勝って1000万入り。
ゲートは不安定だが、その分 終いは切れる脚を使う。
中山は4戦2勝のコースで、鞍上とのコンビネーションもいい。
明け4歳馬でもあり、ここは飛躍のキッカケになるかも…

☆ レインオーバー
このクラスに入って崩れなく走り、安定性では他馬を一歩リードしている。
しかし、中山は不向きなコースなのか、5戦して2着が1回あるだけ。
その点でも、軸馬に設定するにはタメライが出てしまう。

どの馬からでも入れそうな難解な組合わせ??

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アドマイヤキズナ

【5/21(土)京都9R メルボルントロフィー】注目馬はこの1頭!

土  京都  メルボルンT・注目馬! ☆  アドマイヤキズナ 父 ハービンジャー - 母 ア

記事を読む

猪苗代特別2018/出走予定馬短評と予想のポイント

猪苗代特別/予想のポイント 2018/7/1(土)開催 福島10R 猪苗代特別 3歳以上10

記事を読む

no image

【若竹賞2017】出走予定馬短評と予想のポイント

若竹賞2017:予想のポイント 2017/1/21(土) 中山9R 若竹賞 3歳500万条件 芝1

記事を読む

パドック解説

【11/23(月)京都10R 花背特別】注目馬はこの1頭!

京都 花背特別・注目馬! ☆ バスタータイプ 父 ホワイトマズル - 母 グローバル

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

知多特別2017/出走予定馬短評と予想のポイント

知多特別/予想のポイント 2017/7/1(土) 東京10R 知多特別 3歳 1000万  

記事を読む